いろいろな調査に役立てられる顔認識システム

顔認識システムがマーケティングで利用できて、大きな注目がされていますが、最新スマホの認証機能に目の虹彩を利用した認証システムがあります。

それらのシステムがマーケティングで利用可能な未来が到来してるのです。顔認識アルゴリズムの具体例ですが、顔の相対的位置、顎、目など顔のパーツから総合的に人の顔を識別しており、最近人の皮膚の見た目認証システム応用して、解析する技術開発されてます。

そして、完成度が低くて、実用の段階ではないですが、画像のシミ、しわ特定して、数値化可能な段階に到達してます。

そして、今回のメインテーマのマーケティングとの関連ですが、今までは購買に至ったユーザー情報はposシステムにより把握されて、非購買者の分析が全くできなくて、潜在的ユーザー情報の分析ができていなかったのです。

これを解消するため利用されたのが監視カメラを利用した認証機能です。いま監視カメラ、顔認識システムを組み合わせて来店者属性を見える化できる段階にきています。顔認識マーケティングはとても便利です。