顔認識システムの疑問

東京オリンピックに向けて、顔認識システムの技術や性能そして導入は進むのでしょうか。顔認識システムといえば、空港をよく利用する人なら馴染みかもしれません。また、空港といった場所だけではなく、スマホのアプリなどでも使われています。

顔認識技術は、目・鼻・口といった年齢やメイクではさほど変化することがない顔のパーツで照合されるそうです。では、整形はどうなの?と疑問を持つ人もきっといるはずです。整形の他にも、双子とか兄弟や親子そっくりさんとかもそうです。

今のところ、登録時の写真と劇的大きな変化があれば認識が厳しい、というのが現状です。なので、メイクやメガネにカツラなら認識はできます。また、双子やそっくりな兄弟もほぼ認識可能です。ただ、整形手術や劇的な体重の変化は、登録した顔写真とあまりにも違いがあり過ぎると認識が難しいようです。

改善点はまだまだありますが、技術が進むにつれてとても便利になるので、これからの進歩が楽しみですね。

ただ、どんなことでもそうですが、便利になればその分、セキュリティ問題も増えます。ますます個人情報が手に入りやすくなる世の中になってしまわないか心配もあります。けれど、そんなことを言っていては先には進めません。

たとえば、よく通うお店で写真登録をしておけば顔認証システムで本人確認ができ、現金もクレジットカードもスマホさえ使わずに、買い物ができる!そんな身軽な時代がやってくる日もそう遠くはありません。

キャッシュレスが話題の今ですが、クレジットカードやpayに電子マネーはもう古い?顔認識システムの技術を使って自分の身ひとつで何もかもできる、そんな日がすぐそこに来ているのかもしれません。