広告において活用できる顔認識マーケティング

顔認識マーケティングは広告の分野で活用されています。

例えば、街中にあるような広告に顔認識システムを一緒に設置しておくことで、合理的な広告の配信ができるようになります。

例えば、大きな画面をともなうデジタルサイネージなどでは、それを見ている人間の識別を可能にするため、その広告がどんな人たちに興味を持たれているのか?に関する情報を取得できます。

広告自体に注目をする人の顔を識別して、性別や年齢を見分けることができるので、それによって集まったデータを活用することが可能です。

年齢や性別に偏りがあったときには、その層に向けて特に広告を展開していくような形をとることができれば合理的となるわけです。

そうやって、広告に対して合理的な措置をとることができるというのが顔認識マーケティングのメリットの1つになります。

顔認識マーケティングはいろいろな分野で活用できるものの、広告の分野というのは特に代表的な面になると言えるでしょう。