顔認識マーケティングとPOSシステム

顔認識マーケティングと聞いて私が思いついたのは、自動販売機につけられた顔認証による購買状況を判断するシステムでした。恥ずかしながら私は最近知りました。恐らくテレビを見ていなければ得なかった情報ではありますが私達の日々の生活に顔認識システムというのは多く使用されている事をその時知ったのです。
それからというもの自動販売機で飲み物を買う時でもちゃんとしないと正直思ってしまってます。もちろん業者側としては容姿、スタイルを見て観察してるわけではなくあくまでマーケティングの一環というのは分かるのですが。
ふと顔認証システムの未来を想像するときっと顔一つで支払いが出来てしまったり、運転が出来てしまったり、今までお金や鍵を持ち歩いていた事が不要になってしまうかも、想像すると怖いようなただ体験してみたいような気もします。顔認証マーケティング自体が更に進化し人々の暮らしの役に立つ日もきっと遠くはないかと思えました。

現在マーケティングのシステムは、POSシステムが主流です。このシステムは、商品にバーコードをつけレジに読み込ませることにより、その商品が「いつ、どこで、どの価格で、どんな人が、いくつ買ったか」という販売データーを記録します。そして、蓄積されたデータを分析し商品開発や店舗運営のマーケティングを行っています。
しかし、POSシステムには一つのデメリットがあります。それは、レジを通ることによってデーターを収集するため購買者のデータは把握できても、非購買者のデータ収集ができない事です。すると、来店されたに関わらず購買に至らなかったのはなぜかとというマーケティング分析ができません。そのデータ収集を可能にしたのが顔認識システムです。
顔認識システムは店内に設置されたカメラ映像を元にデーターを収集します。同時に複数の顔のデータを認識。年齢や性別を推定し、表情を読み取り商品にどんな反応をしている事を判別します。顔認証は、来店者の可視化を可能にし潜在ニーズを引き出すのマーケティングに優れたシステムです。

驚愕頭部/オーディオ/童話/女性の人生/ショッピングカート/ショッピングカート