顔認識システムの仕組みはどうなっているの?

近年は最新スマホにも搭載されているようになった顔認識システムは、その高度な仕組みによって従来の方法よりもセキュリティを高める効果を期待できます。

具体的な仕組みですが、まず画像として人の顔を検出します。スマホのカメラ機能などの機器を利用して検出した顔を分析し、元のデータと比較して照合を行います。

検出の際には撮影した画像から顔の部分にフォーカスし、そこから目や鼻、口などの各パーツの特徴を見つけ出します。特徴を見つけたら、位置やサイズなどをルールに基づいて使いやすく変形させ、元データと同じ人物であるかどうかを判定します。同一人物だと判定されると、スマホ画面のロックを解除したり、会場の入場・退場を許可したりなどの結果を返します。

顔認識システムは技術の進歩重ね従来の指紋認証よりも誤認識の確率が低く、セキュリティの安全性をより高めるのに役立ちます。高度なシステムでありながら、スマホの顔認識の場合で、判定結果を出すまでに1秒程度しかかかりません。