効率良く来客の特徴を収集できる顔認識マーケティング

顔認識マーケティングとは、顔認識システムを利用した、新しい形の市場調査の方法です。

従来のマーケティングでは来客の購入情報を元にデータ化して分析する方法が多かったですが、顔認識を導入すれば、購入客ばかりでなく未購入の来客のデータを集めることが可能です。

店内に設置した顔認識できる撮影機器などを活用し、来客の顔を画像化後に分析、瞬時に人物の年齢や性別などの特徴をデータ化します。

店員が来客を個別に撮影する手間は必要なく、天井などに設置したカメラを動作させておけば自動的に大量のデータを集められる効率性の良さが優れた点です。

データを分析して時間帯や曜日ごとに客層が異なるのであれば、それを元に商品の売り方を工夫し、新たな顧客を獲得したり、売上を伸ばしたりするチャンスが広がります。

また、顔認識マーケティングはデジタルサイネージとの相性も抜群です。ディスプレイに表示される情報にどのような年代、性別が興味を示すかを調べる場合にも役立ちます。